いよいよ明日! 甲南大学でビブリオバトル!

全国大学ビブリオバトル関西Aブロック地区決戦、ならびに、全校高等学校ビブリオバトル兵庫県大会が、明日11月18日(土)に開催されます。

 

開催日:  2017年11月18日(土)

開催時間: 10:30~(高校)、13:30〜(大学)

開催場所: 甲南大学岡本キャンパスiCommons 地下1階 iStage
 
 
いずれも、各高校や大学等での予選を勝ち抜いたバトラー(発表者)たちによる、全国大会への出場をかけた “書評合戦” です。
 
 
ぜひ、観戦にお越しください。
あなたの一票で、兵庫代表となる本を選び、全国大会へ送り出してください!
 
 
ビブリオバトルとは !!??(公式ウェブサイトより)
公式ルール
  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
  2. 順番に一人5分間で本を紹介する.
  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

「3極ネットワーク授業」を実施

プレミアプロジェクト「3極ネットワーク授業」の一環として、10月25日(水)に硯水コミュニケーションCaféを岡本キャンパスのiCommonsで実施しました。
 
 「3極ネットワーク授業」は、岡本、西宮、ポートアイランドの各キャンパスの教員と学生、そして地域の企業が兵庫の食文化を語り合う場です。それぞれのキャンパスの多角的な視点(岡本キャンパス:文学や哲学、西宮キャンパス:地域経済や企業経営、ポートアイランドキャンパス:サイエンス)から意見や感想を述べ合うことで、楽しい「知」のひとときを共有するとともに、兵庫・神戸を元気にするヒントを生み出していけるような活気ある会を目指しております。
 
 今回は、灘の酒文化を考える目的のもと「日本酒と世界のお酒、そして文人達」というテーマで、たる出版株式会社の高山様より、また「日本酒の特徴性的な醸造技術や灘の酒文化」について、剣菱酒造株式会社の白樫様よりご講演をいただきました。そのご講演内容を基に、3キャンパスの教員と学生、企業がそれぞれの視点で意見交換をして議論が絶えない様子でした。
 
     
 
参加した学生からは以下のような感想が寄せられました。
 
〔フロンティアサイエンス学部 川勝 薫平さん〕
僕がこの会に参加して良かったと思う点は、普段の大学生活ではお話する機会の少ない様々な社会人の方や他学部の学生さんと楽しく会話できることだと思いました。僕は目上の方とお話することに苦手意識がありますが、この会ではそんな僕でも気軽に話すことができ、会話も弾みました。普段では聞けないようなことも沢山伺うことができ、大きな刺激にもなりました。これを機に目上の方にも苦手意識を持たずに自分から一歩を踏み出そうと思います。
 
 引き続き、FIRSTは岡本、西宮そして地域との連携をして「自力自学・協力共学」の取組みを推進していきますので、ご期待下さい。
 
(フロンティアサイエンス研究科長・教授 西方敬人)

ハロウィン報告

今年のハロウィンは、1年生が実験の授業があったためか、大掛かりな団体ものはありませんでしたねえ。

 

しかし、個人で仮装をしてきてくれた、あるいはさせられた(?)学生さんは何人もいたようです。

 

haloween2017

真ん中の仮装は、カップルが高校生の制服を着たのかな、というふうにも見えますが、まあ、男子のなんとなく切ない表情からリアルカップルでないことを察してください。


知的書評合戦ビブリオバトル 〜 予選を開催しました

オススメの本を持ち寄って、書評&推薦のプレゼンテーションを競うビブリオバトル。

11月2日(木)の昼休みに、甲南大学ポートアイランドキャンパスにて「予選」が行われました。

この予選は、11月18日(土)に行われる神戸地区決戦の出場権をかけた戦い。

(ちなみに神戸地区決戦を勝ち抜くと「首都決戦」に進出です。)

 

今回は、6名によるバトルとなりました。

IMG_5546

最後に、プレゼンを聞いて最も読みたくなった本に投票をします。

 

その結果、最も多くの聴衆からの支持を集めた本は・・・

IMG_5549

「夜の床屋(澤村浩輔 著)」でした。

神戸地区決戦でも健闘を期待しています!

 

IMG_5555

発表された皆さん、おつかれさまでした!