知の交流の祭典・リサーチフェスタ

大学生と高校生がポスター発表を介して交流する「リサーチフェスタ」が、12月23日(土・祝)、甲南大学岡本キャンパスiCommnosで開催されました。

(神戸新聞にも掲載されました。オンライン版記事は「神戸新聞 リサーチフェスタ」で検索して下さい。)

 

甲南大学の大学生・大学院生、そして、主に兵庫県・大阪府下の中・高校生、あわせて約110件のポスター発表がエントリーされ、学部や文理、さらには高大の枠を超えて、互いにこれまでの探求活動や学びの内容、ボランティア活動などについて発表し合いました。

 

IMG_5720

 

テーマも、人文・社会科学であれば、心の中に関するものから、ビジネスに関するもの、地域社会さらには国際社会に関するものまで、また、自然科学であれば宇宙線や半導体から、細胞、生物個体、医療や環境まで、さまざまな内容が揃い、私たち教員の目から見ても、学問を大いに楽しめる1日となりました。

 

高校生のみなさんには、ポスターの内容だけでなく、甲南大学で学修・研究に取り組む学生たちの姿を直接見ていただけましたし、甲南生のみなさんにとっても、他学部の活動や高校生の探求は大いに刺激になったことと思います。

 

IMG_5725

(発表後の授賞式。『学長賞』受賞者と甲南大学長の記念撮影。)

 

リサーチフェスタは来年も開催の予定です。

高校生のみなさん、甲南生の生の姿と学修・研究内容に触れる機会をお見逃しなく。

もちろん、ポスター発表の申し込みも大歓迎です。


クリスマスツリー点灯

12月も半ばに差し掛かりまして、ちょっと出遅れた感がありますが、フロンティアサイエンス学部(FIRST)の図書室にクリスマスツリーが登場しました。

飾り付けをしてくれたのは、FIRSTの図書委員とレクリエーション委員のみなさん。

どうもありがとう! キャンパスが12月らしくなりました。

 

XmasTreeDeco_600

 

一番上の画像が飾り付けの様子です。LED球の長いケーブルを絡まらないようにみんなで持って巻きつけています。

巻きつけるためには、ツリーのまわりを延々とグルグル回らないといけなくて・・・。

みんな、「何かの儀式みたい・・・」という表情になっていますね!

 


卒業生の活躍の紹介 〜神戸市協働プロジェクトに採択〜

フロンティアサイエンス学部(FIRST)1期生の2人(石橋慶洋さんと森正英さん)のチームが、神戸市との協働プロジェクトに採択されました。

「病院までの民間輸送サービス利活用のための仕組みづくり」を担うことになったようです。

詳細は神戸市のホームページをご覧ください。

 

報告してくれた際には、「資本金何億円という企業もプレゼンに来ていたのに、僕ら2人が採択されるとは・・・」と言いながらも、大変充実している様子で、私たちもとても嬉しくなりました。

 

「(FIRSTはプレゼンの授業が多いので)恐らくプレゼンで優位に立てたのと、学生実験で培った分析力が評価されたのではないかと考えております。」と、発言にも大いなる成長を感じます!

 

プロジェクトの展開を楽しみにしています。


ビブリオバトル(2)大学生大会開催!

 
高校生大会に続き、午後からの大学生大会では、予選会を勝ち抜いた6名が、同じく熱いバトルを繰り広げました。

   

   
   
 
(写真)
・上段左:神戸学院大学 人文学部 2年 宮崎恒太さん
・上段右:甲南大学 フロンティアサイエンス学部 1年 土居菜々子さん
・中段左:甲南大学 文学部 4年 中西聖也さん
・中段右:甲南大学 フロンティアサイエンス学部 1年 成田幸一郎さん
・下段左:甲南大学 フロンティアサイエンス学部 4年 小畠一起さん
・下段右:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部 3年 尾田和啓さん
 
 予選会を勝ち抜いた皆さんからのプレゼンテーションは、どれも素晴らしく、すべての書籍を読みたくさせるものでした。さすがは、大学生によるプレゼンであると感じさせられました。
 
約30名による投票が行われた結果、 チャンプ本とチャンプが次のとおり決定しました。
 
 全国大学ビブリオバトル2017 関西地区決戦 関西Aブロック チャンプ本
『また、同じ夢を見ていた』住野よる(著)
甲南大学 フロンティアサイエンス学部 1年 成田幸一郎さん
 
チャンプの成田さんには、村嶋図書館長より表彰状が贈られました。

 
 成田君は、「全国大学ビブリオバトル2017~首都決戦」>>>【12/17(日)13:00~ よみうり大手町ホール(東京・大手町 読売新聞ビル内)】に出場します。
成田君が首都決戦でも熱く戦い抜くことを期待しています。
 皆さんもぜひ応援に駆けつけてください。
 
 
「全国大学ビブリオバトル2017 関西地区決戦 関西Aブロック」の発表本は以下の通りです。
 
<ビブリオバトル地区決戦大会発表者一覧(大学生)>>>>
 
 
(フロンティアサイエンス学部教授 三好大輔)

ビブリオバトル(1)高校生大会開催!

11月18日岡本キャンパスiCommonsにて「全国高等学校ビブリオバトル2017兵庫県大会」と「全国大学ビブリオバトル2017関西地区決戦 関西Aブロック」を【KONANプレミアプロジェクト】「WeLoveBooks」の一環で主催しました。
 
 初の兵庫県大会となる午前中の高校生大会では、県下の高校11校より13名の高校生がお気に入りの本を持って集まり、熱いバトルが繰り広げられました。
 3グループに分かれて予選を行った後、各グループのチャンプによる決勝戦を行いました。
 
 
   
決勝に勝ち進んだのは・・・
・上段左:滝川第二高等学校 2年 横山千尋さん
・上段右:神戸山手女子高等学校 1年 岡本みなみさん 
・下段左:六甲学院高等学校 2年 岡田耕太郎さん
 
約80名の観戦者による投票を行い、兵庫県大会のチャンプに輝いたのは・・・
『もしも宮中晩餐会に招かれたら 至高のマナー学』を紹介した、六甲学院高等学校の岡田耕太郎さんでした!

表彰式では長坂学長より表彰状が贈られました。
 
大会を終えた後は、懇親会や図書館見学を通して高校生同士や大学生との交流を楽しみました。
 
 
(「全国高等学校ビブリオバトル2017兵庫県大会」発表者の皆さん)
 
「全国高等学校ビブリオバトル2017兵庫県大会」の発表本はこちらからご覧いただけます。
<ビブリオバトル兵庫県大会出場者一覧(高校生)>>>

(フロンティアサイエンス学部教授 三好大輔)