新入生オリエンテーション

入学宣誓式のあと、午後からは新入生オリエンテーション。

フロンティアサイエンス学部(FIRST)の新入生同士、また、新入生と教職員が、これから大学生活を送るポートアイランドキャンパスで顔を合わせました。

授業は来週の火曜日から。

その前にキャンパスのこと、マイラボのこと、教員のこと、学生間のお互いのことを知っておいてもらうことで、順調な大学生活のスタートを切って欲しい、という狙いです。

 

IMG_0442 IMG_0443

(新入生オリエンテーションでの教員紹介の様子)

さて、その授業ですが、曜日の巡り合わせで初日からガッツリと実験です。

いきなり実験というのは大変と思われるかも知れませんが、グループで相談したりしているうちに友達が増えるので、大学生活に馴染むという意味ではとても良いのではないでしょうか。

このブログでは実験の内容や様子もで紹介していこうと思います。


2022年度入学宣誓式

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

今日は、午前は岡本キャンパスで入学宣誓式、午後はポートアイランドキャンパスで新入生オリエンテーション。

移動もあって午後からは疲れてしまうかも知れませんが、何事も「常に備えよ」。

授業が始まる前の準備が大学生活のスタートにはとても大切ですので、がんばりましょう!

また、初めて顔を合わせる新入生同士、友達になるチャンスですよ!

私たち教職員も、午後からのみなさんとの初お顔合わせ、楽しみにしています。

岡本キャンパスの桜

ポートアイランドキャンパスの桜 

(両キャンパスともに、青空に桜が映えていました。)


2021年度卒業式(学位授与式)

  3月25日、卒業式(学位授与式)が行われました。

IMG_2598IMG_0292

フロンティアサイエンス学部は2009年度に新学部としてスタートを切りましたので、一期生の卒業式が2012年度。今回はちょうど10回目という区切りの卒業式ということになります。

少人数学部ですので、卒業式では一人ひとりについて講義室、実験室、マイラボでのいろいろな姿や場面が思い起こされます。

振り返ると、みなさんしっかりと成長されたなあと思います。

自信をもって送り出せる学生たちですね。

みなさんの活躍をお祈りしています。

2021年度卒業生

(卒業式のあと、学位記を受け取った卒業生たち。女子率が高いのがフロンティアサイエンス学部の特徴です。)

〜〜〜 ながらくお休みしていましたが、フロンティアサイエンス学部ブログ、更新再開です。応援、よろしくお願いします。〜〜〜


卒論・修論発表会を終えて

卒論・修論発表会のあとは「お疲れ様会」が催されるのがフロンティアサイエンス学部(FIRST)の伝統です。

 

誰がお疲れ様なのかって?

 

昔は「先生、お疲れ様でした。ありがとうございました。」と、卒業生・修了生が謝恩会を用意したものですが、新しい学部であるFIRSTは学生が主役(?)。

 

学部3年生が卒業生に「お疲れ様!」、大学院修士課程1年生が修了生に「お疲れ様!」という趣旨の会なんですね。

 

student award

(お疲れ様会では「後輩が選ぶ優秀発表賞」の発表なども。)

 

これはちょっと、私たち教員がFIRSTの学生を羨ましく思っているところです。

自分たちの学生時代、特に学部生時代には、学年をまたいだ学生間のつながりなんて、まったくなかったですからね。

 

Bingo

(ビンゴゲームに続いて、修士過程1年生から修了生への記念品贈呈。)

 

FIRSTでは、マイラボという学生スペースに1年生の時から自分の専用デスクがあるんですね。

席の配置は学年混合になっているので、先輩・後輩が一緒に遊びに行ったり、勉強や実験の面倒を見たり見てもらったり、ととても仲がいいんですよ。

 

今日の夜は3年生主催の卒業生の「追いコン」。

これも、学部開設2年目から続く、FIRSTの伝統ですね。


卒論・修論発表会

2月14-15日の2日間にわたって、卒論・修論の発表会が行われました。

 

(ちなみに、卒論とは卒業論文、修論とは修士論文の略。それぞれ大学4年間、大学院修士課程2年間の学びと研究の集大成の発表です。)

 

IMG_5970

 

教員一同、学生のみなさんの成長を実感した2日間でした。

各自が真摯に研究に注ぎ込んできた時間と努力と工夫がストレートに伝わる、すばらしい研究発表そして質疑応答だったと思います。

卒業、修了される皆さん、本当にお疲れ様でした。

 

学外の方に少し説明しますと、フロンティアサイエンス学部(FIRST)の学生は入学時から、教員と一緒に、ポートアイランドキャンパスという一つの建物の中で、多くの時間を過ごします。

 

大学に入学してからほぼ毎日、ずっと見てきた学生たちが、1年そして1年と成長して巣立っていくのは、私たちにとって本当に感慨深いものがあります。

 

大学はちょうど今、合格発表の時期。

もうすぐ決まる28年度の新入生たちとも、一緒に充実した4年間を過ごしていこうと、私たちも楽しみにしています。