カテゴリー別アーカイブ: 人々

女子会

試験も終わった2月某日。

マイラボからエレベーターホールに出ると、何やら7Fのカフェテリアから楽しそうな話し声が・・・。

誘われるように7Fに行ってみると、2年生女子がお菓子を囲んで楽しく女子会を開いていました。

みんなとても楽しそうですねぇ~。

女子会

共に乗り越え、深まっていく絆

クォーターD期、後期試験も29日で終わり、マイラボで共に試験勉強を頑張った1年生がみんなでお疲れ様会が開いていたそうです。
会場は幹事の子のバイト先のイタリアンのお店とのこと。

1年生にとっては長い1年間だったのでしょうか、それとも短く感じた1年間だったでしょうか?
高校から大学へと環境が変わり、新しくできた友達たちと一緒に過ごした1年間。長くも短くも感じたものと思います。

共に学び、苦労を共に分かち合い、そして、絆が深まっていくのですかね。

いろいろな地域からFIRSTに集まってきた1年生の学生さんたちもすっかり打ち解け、その絆も強くなっているようです。

1359454359517

FIRST 愛

某プロ野球チームの監督が「ジャ○ア○○愛」とよく言っておられましたが、今日は「FIRST愛」のはなし。初恋のことではありませんよ。フロンティアサイエンス学部・研究科(FIRST)は、ポートアイランドキャンパスとともに誕生してまだ4年目。歴史が浅い分、「自分たちのFIRST」という気持ちをもっている学生さんが多いという話です。

 その気持ちを「かたちあるもの」で残してくれたのが、2年前に大学院フロンティアサイエンス研究科を修了した濱田君。カフェテリアのカウンターに合った、スツール一式を寄贈してくれました。おかげで、このカウンターは、学生たちが気軽におしゃべりするのにぴったりの場所に生まれ変わりました。今日も、濱田君のスツールに腰をかけて、学生たちは楽しくおしゃべりしたり、試験やレポートの相談をしたりしていることでしょう。

DSC_0236

 あっ、もうすぐ卒業する学部1期生の皆さん。別に、何かを要求しているわけではありませんからね!

今年もFIRSTからサイエンスインカレに出場が決定!

サイエンス・インカレは、文部科学省が主催し、全国の理系大学生に自主研究を発表する場を設ける場として、昨年度から開始されたイベントです。

 昨年開催された第1回大会では、FIRSTからも3年生だった中川雄市君、勢旗志郎君の2名がチームで出場し、ポスター発表を行いました。そして、その発表が評価され、見事、企業賞(日本曹達賞)を受賞しました。

せはたなかがわ
(昨年の第1回大会の賞状を手にしている中川雄市君と勢旗志郎君)

 第2回大会となる今年もFIRSTの学生たちが出場申請をしまして、審査の結果、以下の学生さんが、3月2日、3日に幕張メッセ国際会議場で行われる本大会へ出場することが決定しました。

4年生 勢旗志郎くん (ポスター発表)
「生物が極限環境で代謝産物を複合的に用いる意義」

4年生 髙木琴味さん (ポスター発表)
「ELISA検出感度向上を目指して ~ベタイン型添加剤を利用した西洋わさび由来ペルオキシダーゼの活性化とその作用メカニズムの解明~」

 勢旗君は、昨年に引き続いて2度目の出場です。

 二人とも全国大会で頑張って活躍してほしいですね。


ノーベル賞研究に触れる

学生さんが日頃、実験や講義の予習、復習に利用する図書室の一角に新たなコーナーが設置されました。

図書室ノーベル

このコーナーを発案したのは、長濱先生。
図書室を利用する学生さんに最先端の研究を紹介し、早いうちから興味・関心をもってもらうためだそうです。確かに、ノーベル賞は誰もが知っていると思いますが、どんな研究なの?と言われても説明できないものもあったりします。また、その研究って今ってどうなってるの・・・?
写真のようにノーベル賞研究の概要が紹介され、関連図書や最近の特集などがその下の棚に所蔵され、興味があればすぐにその概要を把握することができるようになっています。
さすが長濱先生です。

そして長濱先生の今のイチオシは、ノーベル生理学・医学賞を受賞された山中先生のiPS細胞の研究特集です。長濱先生から一言いただきました。

山中伸弥 京都大学教授が開発したiPS細胞は、医学・生物界に革命を起こし、山中教授には2012年のノーベル生理学・医学賞の栄誉がもたらされました。

そこで、それを記念して、iPS細胞をはじめ、2000年以降のノーベル化学賞、生理学・医学賞、物理学賞の受賞対象研究からいくつかを選び、その研究内容が記載された図書資料をまとめ、簡単な解説文を加えた「ノーベル賞コーナー」をPI図書室内につくりました。この機会に、是非ともノーベル賞研究内容に触れ、そのおもしろさを堪能してください。

さあ、科学にときめけ、若人よ! そして君たちもノーベル賞をめざそう!

長濱0