カテゴリー別アーカイブ: キャンパス

元日の過ごし方

学生さんたちは年末年始、親戚の家でおせち料理を食べたり、地元の友達と初詣に行ったり、シリーズものの映画を連続で見たり、遠くに旅行に行ったり、いろいろな過ごし方をしたようですね。

 

そんな、写真を見せてもらった中で、一番印象に残ったのがこちら。

 

DSC_1863

 

自転車が趣味の1年生が、数十キロ走って学校まで来たそうです。

 

元日の朝8時にキャンパスに来るなんて、何かすごく秘めたものを感じざるを得ません。

何かはわかりませんが、とにかく期待してるよ、Y君!

 

同じ日ではないそうですが、岡本キャンパスの友人たちと六甲山などにツーリングに行っているそうです。

 

1511707174502

 

なぜ、きつい坂を登るのか?

答えは「下り坂が好き」だからだそうです。

なるほど。

NHKの自転車ツーリング番組でも「人生、下り坂最高!」と言ってますもんね。

 

さて、受験生の皆さんは、もう少しだけ上り坂を頑張ってくださいね。

上り切った後の気分はきっと最高ですよ。

あっ、でも、入学してから「下り坂最高!」を満喫し過ぎると、4年で卒業できなくなりますからほどほどに、ね。


兵庫県初のラウンドアバウト、って何だ?

新年あけましておめでとうございます。

 

甲南大学では1月5日(金)に授業開始!

 

が、すぐに今日からまた3連休というわけで、学生さんたちもなかなかペースがつかめないのではないか、と思います。

 

でも4年生は別ですね。卒業論文の執筆そして発表に向けて、実験も追い込みの時期です。

今日もポートアイランドキャンパスにはちょこちょこ4年生の姿がありました。

実験したり、調べ物をしたり、ですね。

風邪を引かないように、がんばってくださいね。

年末年始はキャンパスがほぼ空っぽだったので、建物自体がすごく冷え込んでますからね。通常期とぜんぜん違うんですよ、冷え具合が。

エアコンをつけても足元や周りから”冷え”がじんわり迫ってきますからね。

 

さて、そんなポートアイランドキャンパスのすぐ近くに『兵庫県初』のあるものが誕生しました。

 

それは、ラウンドアバウト。

 

なんだそれ!?という方も多いと思います。

日本語名は「環状交差点」。

交差点が環状の道路になっており、直進するにしても曲がるにしても、一旦にそこに進入して必要なだけぐるぐる回って、行きたい方向に出て行く、という交差点です。

 

IMG_5773

(矢印の通り、右回りにぐるぐるまわるわけです。)

 

ちょっとわかりにくいのでラウンドアバウトの本場、ヨーロッパのでっかいラウンドアバウトも載せておきましょう。

 

47250020 - aerial view of roundabout in wroclaw city

ヨーロッパにはこういうでっかいのだけでなく、直線道路?と見紛うような極小のものまでいろいろあります。

 

「信号」も「止まれ」もないので、慣れればスムースに通過できます。

まあ、兵庫県に一つでは慣れるもなにもありませんが・・・

 

受験生のみなさん、ポートアイランドキャンパス近くにお越しの際は、兵庫県唯一のラウンドアバウトをご覧になられてはいかがでしょうか。

環状道路の真ん中には「神戸港開港150年」のロゴマークが飾られていますよ。

IMG_5771

 

#5日にこのラウンドアバウトについて教員陣で話しながら、学生たちとの新年会会場(三宮の某居酒屋)に向かいましたら、そこでかかっていたBGMがマイルスデイビス(←有名なJazzのトランペット奏者です)のラウンド アバウト ミッドナイト。まあ意味は違いますが。でも、こういうのをシンクロニシティっていうんでしょうかねえ。


クリスマスツリー点灯

12月も半ばに差し掛かりまして、ちょっと出遅れた感がありますが、フロンティアサイエンス学部(FIRST)の図書室にクリスマスツリーが登場しました。

飾り付けをしてくれたのは、FIRSTの図書委員とレクリエーション委員のみなさん。

どうもありがとう! キャンパスが12月らしくなりました。

 

XmasTreeDeco_600

 

一番上の画像が飾り付けの様子です。LED球の長いケーブルを絡まらないようにみんなで持って巻きつけています。

巻きつけるためには、ツリーのまわりを延々とグルグル回らないといけなくて・・・。

みんな、「何かの儀式みたい・・・」という表情になっていますね!

 


「3極ネットワーク授業」を実施

プレミアプロジェクト「3極ネットワーク授業」の一環として、10月25日(水)に硯水コミュニケーションCaféを岡本キャンパスのiCommonsで実施しました。
 
 「3極ネットワーク授業」は、岡本、西宮、ポートアイランドの各キャンパスの教員と学生、そして地域の企業が兵庫の食文化を語り合う場です。それぞれのキャンパスの多角的な視点(岡本キャンパス:文学や哲学、西宮キャンパス:地域経済や企業経営、ポートアイランドキャンパス:サイエンス)から意見や感想を述べ合うことで、楽しい「知」のひとときを共有するとともに、兵庫・神戸を元気にするヒントを生み出していけるような活気ある会を目指しております。
 
 今回は、灘の酒文化を考える目的のもと「日本酒と世界のお酒、そして文人達」というテーマで、たる出版株式会社の高山様より、また「日本酒の特徴性的な醸造技術や灘の酒文化」について、剣菱酒造株式会社の白樫様よりご講演をいただきました。そのご講演内容を基に、3キャンパスの教員と学生、企業がそれぞれの視点で意見交換をして議論が絶えない様子でした。
 
     
 
参加した学生からは以下のような感想が寄せられました。
 
〔フロンティアサイエンス学部 川勝 薫平さん〕
僕がこの会に参加して良かったと思う点は、普段の大学生活ではお話する機会の少ない様々な社会人の方や他学部の学生さんと楽しく会話できることだと思いました。僕は目上の方とお話することに苦手意識がありますが、この会ではそんな僕でも気軽に話すことができ、会話も弾みました。普段では聞けないようなことも沢山伺うことができ、大きな刺激にもなりました。これを機に目上の方にも苦手意識を持たずに自分から一歩を踏み出そうと思います。
 
 引き続き、FIRSTは岡本、西宮そして地域との連携をして「自力自学・協力共学」の取組みを推進していきますので、ご期待下さい。
 
(フロンティアサイエンス研究科長・教授 西方敬人)

知的書評合戦ビブリオバトル 〜 予選を開催しました

オススメの本を持ち寄って、書評&推薦のプレゼンテーションを競うビブリオバトル。

11月2日(木)の昼休みに、甲南大学ポートアイランドキャンパスにて「予選」が行われました。

この予選は、11月18日(土)に行われる神戸地区決戦の出場権をかけた戦い。

(ちなみに神戸地区決戦を勝ち抜くと「首都決戦」に進出です。)

 

今回は、6名によるバトルとなりました。

IMG_5546

最後に、プレゼンを聞いて最も読みたくなった本に投票をします。

 

その結果、最も多くの聴衆からの支持を集めた本は・・・

IMG_5549

「夜の床屋(澤村浩輔 著)」でした。

神戸地区決戦でも健闘を期待しています!

 

IMG_5555

発表された皆さん、おつかれさまでした!