1年次実験<基板表面改質>

火曜日は1年生の学生実験(実験実習)。

1年生の学生実験は、バイオ、ナノ、ナノバイオ、ケミカルの4分野にわかれて行われていて、前期はそれぞれ、「細胞培養」「基板表面改質」「緩衝液」「クロマトグラフィー」がテーマになっています。

学生は半期をかけて、この4つのテーマすべてに、順番に取り組みます。

生物学から化学まで幅広い分野の知識と実験技術を身につけるわけですね。

今回は「基板表面改質」の実験内容について紹介します。

みなさんは、紙のように折りたたんだり、くるくると丸めることができる液晶ディスプレイを見たことがありますか?

そのようなフレキシブル(柔軟な)ディスプレイをつくるには、やらわかいポリマーフィルムの表面を改質して、電気が通るようにしてあげる必要があります。

そんな表面改質に取り組むのがこの実験テーマです。

実験の様子(動画)は、こちらをクリックしてご覧ください【 動画 】

具体的には、化学反応によってフィルムの表面を少しだけ分解させて、金属イオンを捕まえる「手」を露出させます。

その「手」に吸着させた金属イオンを還元させる(金属イオン→金属そのものに変化させる)ことで、やわらかいポリマーフィルム表面に電気が通る性質(導電性)をもたせることができます。

表面改質1

(金属イオンを含む溶液につけた後、還元することで、フィルム表面を金属でコーティングすることができる。もとのファイルは右上のような薄茶色をしているが、銀(右中央)や銅(右下)で覆われたフィルムは光沢が生じている。)

この実験では最初、表面全体を導電化していますが、後半は、つまようじを使って試薬を付けることで表面の一部分だけを導電化しています。

ディスプレイなどを作る際には、フィルム表面に非常に細かくナノメートルの精度で回路(配線パターン)を描く必要があるわけですが、つまようじを使って試薬で絵を描くことで、配線パターンをつくるイメージを体験していただいているわけですね。

表面改質2

(つまようじで部分的に試薬を付けることで、狙ったパターンの導電化を行った例。銀色の光沢がある部分のみが銀で被覆、つまり、導電化されている。)

なお、実際のナノテクノロジーでは、試薬を付けたスタンプを押し付けるなどの方法で、パターン作製が行われています。

フロンティアサイエンス学部の学生実験は、インスタグラム(@konan_first)でも紹介しています。


7月2日(土)〜授業公開型オープンキャンパス(Weekday Campus Visit)〜

フロンティアサイエンス学部で今年度も実施する、授業公開型オープンキャンパス、ウイークデイ・キャンパス・ビジット(WCV)。

高校生・受験生のみなさんに「普段の大学」を体験していただくイベントです。

WCVの説明はこちら

7月2日(土)の内容は以下の通りです。

■開催日時:2022年7月2日(土)9:30-15:50 (9:00受付開始)
■場  所:甲南大学ポートアイランドキャンパス
(ポートライナー 計算科学センター駅下車 徒歩4分)
 交通アクセス:https://www.konan-first.jp/access/
■参 加 費:無料(※本学までの交通費、昼食代は自己負担になります)
■募集人数:5名 (先着順・事前申込制)
■詳細・申し込み方法:https://entry.s-axol.jp/konan-u/?f=10
 Webサイトのお申込みフォームよりお申込みください (締切:7月1日16時)
■当日のプログラム(予定)
   9:00-  9:30  受付
   9:30-10:30  ガイダンス
 10:40-12:10 以下の講義を受講
  ・「ナノサイエンス序論」
  ・「ナノテクノロジー」
  ・「有機合成化学」より1つを選択

 12:10-13:00 昼食
 13:00-15:00 「研究室で実験体験」 
 15:20-15:50 振り返りワーク
 
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

[感染症対策について]
・来学時は、必ずマスクの着用をお願いいたします。
・ポートアイランドキャンパス西出入口での手指のアルコール消毒に協力願います。
・イベント参加当日に、37.5℃以上の発熱や倦怠感などの症状、または発熱の有無にかかわらず咳などの症状や体調がすぐれない場合は、参加はできませんので事前に検温してください。
・参加後7日以内に新型コロナウイルス感染症の検査結果が陽性、もしくは保健所から濃厚接触者と判断された場合は、本学ポートアイランドキャンパス事務室へ必ずご連絡ください。
・新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、急きょ実施を見合わせる可能性がありますのであらかじめご了承ください。
キャンセルされる場合は、恐れ入りますが、 下記のお問い合わせ先にご連絡ください。
=================================
■受付・お問い合わせ先
甲南大学ポートアイランドキャンパス事務室
 TEL:078-303-1457 (直通)
【窓口開室・電話対応日時】月曜日~金曜日 9:00-17:00
=================================

 


6月4日(土)〜授業公開型オープンキャンパス(Weekday Campus Visit)〜

フロンティアサイエンス学部で今年度も実施する、授業公開型オープンキャンパス、ウイークデイ・キャンパス・ビジット(WCV)。

高校生・受験生のみなさんに「普段の大学」を体験していただくイベントです。

WCVの説明はこちら

6月4日(土)の内容は以下の通りです。

■開催日時:2022年6月4日(土)9:30-17:00 (9:00受付開始)
■場  所:甲南大学ポートアイランドキャンパス
(ポートライナー 計算科学センター駅下車 徒歩4分)
 交通アクセス:https://www.konan-first.jp/access/
■参 加 費:無料(※本学までの交通費、昼食代は自己負担になります)
■募集人数:5名 (先着順・事前申込制)
■詳細・申し込み方法:https://entry.s-axol.jp/konan-u/?f=10
 Webサイトのお申込みフォームよりお申込みください(締切:6月3日 16時)
■当日のプログラム(予定)
   9:00-  9:30  受付
   9:30-10:30  ガイダンス
 10:40-12:10 以下の講義を受講
  ・「ケミカルサイエンス序論」
  ・「有機化学と分光法」
  ・「発生学」より1つを選択

 12:10-13:00 昼食
 13:00-14:30 以下の講義を受講
  ・「科学英語コミュニケーション1」
  ・「科学英語コミュニケーション2」より1つを選択
 14:40-16:10 「ナノバイオラボ1A」(学生実験)
 16:30-17:00  振り返りワーク
 
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

[感染症対策について]
・来学時は、必ずマスクの着用をお願いいたします。
・ポートアイランドキャンパス西出入口での手指のアルコール消毒に協力願います。
・イベント参加当日に、37.5℃以上の発熱や倦怠感などの症状、または発熱の有無にかかわらず咳などの症状や体調がすぐれない場合は、参加はできませんので事前に検温してください。
・参加後7日以内に新型コロナウイルス感染症の検査結果が陽性、もしくは保健所から濃厚接触者と判断された場合は、本学ポートアイランドキャンパス事務室へ必ずご連絡ください。
・新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、急きょ実施を見合わせる可能性がありますのであらかじめご了承ください。
キャンセルされる場合は、恐れ入りますが、 下記のお問い合わせ先にご連絡ください。
=================================
■受付・お問い合わせ先
甲南大学ポートアイランドキャンパス事務室
 TEL:078-303-1457 (直通)
【窓口開室・電話対応日時】月曜日~金曜日 9:00-17:00
=================================

 


猫サークル「Cats FIRST」

大学で人気のサークル活動といえば・・・

昔はテニスサークル、今は猫サークルですね(猫好きブログ担当者調べ)。

猫を保護し、避妊・去勢手術を受けさせて、地域猫として世話をする猫サークル。

フロンティアサイエンス学部・研究科(FIRST)にもあるんです。

サークル名は「Cats First」。

おそらく学部・研究科名と猫第一主義のダブルミーニングでしょう。

ポートアイランドの自治会や地元神戸の猫保護団体とも連携しながら、猫さんの命を救う活動をしています。

サークル代表の3年生・花畑さんに話を聞きました。

花畑さん+チビ

(Cats First代表の花畑さんと猫の「チビ」さん)

『チビはとても人見知りですが、慣れてくると人懐っこいです!15時〜19時頃に裏門の喫煙ブース辺りで出会えるかも!』

『Cats Firstは、猫をただ愛でるサークルです!サークルに入れば、猫と戯れるためのおもちゃを使いたい放題です。ただ猫と戯れたい!猫のお世話をしたい!猫のために活動をしたい!など、どんな人でも大歓迎です!一緒に猫を愛でましょう!!』

というわけで、Cats Firstでは新しいメンバー(ブログ担当者注:人の方です、念のため)を募集中です。

募金(病院代、食事代、トイレ代など)も定期的に受け付けていますよ。

教職員・学生のみなさん、よろしくお願いします。

なお、チビさんの様子は、インスタグラム・FIRST公式アカウント(@konan_first)でも公開中です。


ジェンダーバイアス

最近のニュースによると「大学の理工学部系の女子学生の割合は28%」であり、その原因の一つとしてジェンダーバイアスが挙げられていました。(参照元:47News)

つまり、例えば家庭内で親から「女子は理系科目が苦手」「理系は男子ばかり」「卒業しても女性の仕事はない」といったバイアスを掛けられたりしている可能性はないのか? ということです。

一時流行った「リケジョ」という呼び方も、ひょっとしたらジェンダーバイアスを反映しているのかもしれませんね。

理系女子学生さんからは「私たちはリケジョではなくて、ただの理系学生ですよ。」という声を聞いたこともありますので。

さて、なぜこの話題を取り上げたかというと、フロンティアサイエンス学部(FIRST)は、全国有数の「女子学生比率の高い理系学部」だからなんです。

2016年度の調査結果では、理学系学部で全国1位でした。

大学ランキング、2項目でトップに!」(2017年5月11日、本ブログ記事)

ちなみに2022年度のFIRST新入生の女子率は54% !

最新の全国データは把握できていないのですが、おそらくこの数値は、全国トップクラスでしょう。

なぜ、女子の高校生・受験生から高い支持を得ているのか?

この理由が、私たちには思い当たらないし、当の女子学生さんたちに聞いても、まったくわからないんですよ。

ただ確実に言えることは、「女子は理系科目が苦手ではない」「理系は男子ばかりではない」、そして、「卒業してから女性も大活躍」ということです。

4年生女子

(がんに関連する遺伝子に作用する物質を探索する研究に取り組んでいる4年生。学生広報委員としても活躍中です。)

さて、さきほどのニュースでは、女子学生を増やす方策(アンケート回答)として「女性の働きやすさ整備とロールモデル(手本)の育成」が挙げられていました。

女性のロールモデルといえば、甲南大学のOB・OGの寄稿文を集めた書籍「正志く 強く 朗らかに II -躍動する甲南人の軌跡-」では、沖縄美ら島財団やバイオ・化学総合大手メーカーで活躍するOG 二人が紹介されています。

次号でも、神戸医療産業都市で再生医療分野などの研究職に就いて活躍するOG二人が紹介される予定です。

このように女性のロールモデルがたくさんいるFIRST。

これからも高い女子学生比率は続くことでしょう。

でも、近い将来には、理系の女子学生の存在が普通になり、さらに、ノンバイナリーやXジェンダーなどへの理解も進んで、女子学生比率なんていう概念や数値はまったく意味を持たなくなるでしょうね。