研究活動

論文・実績

最新の論文(Recent publications)

一覧を表示(Browse)

No. Author Title Journal
1 S. Matsumoto, N. Sugimoto New Insights into the Functions of Nucleic Acids Controlled by Cellular Microenvironments Topics Curr. Chem.,, 379, 17(2021)
2 N.Sugimoto Chemistry and Biology of Non-canonical Nucleic Acids WILEY, 288(2021)
3 S.Satopathi, T.Endoh, Peter Podbevˇsek, Janes Plavec, N. Sugimoto Transcriptome screening followed by integrated physicochemical and structural analyses for investigating RNA-mediated berberine activity Nucleic Acids Res, gkab189(2021)
4 S. Takahashi, N. Sugimoto Watson-Crick versus Hoogsteen Base Pairs: Chemical Strategy to Encode and Express Genetic Information in Life Acc. Chem. Res.,, 54(2021) [in press]
5 Mitsuki Tsuruta, Yui Sugitani, Naoki Sugimoto, D andDaisuke Miyoshi Combined Effects of Methylated Cytosine and Molecular Crowding on the Thermodynamic Stability of DNA Duplexes Int. J. Mol. Sci. , 22(2), 947 https://doi.org/10.3390/ijms22020947(2021)

最新の学会発表・講演会(Recent presentations and lectures)

一覧を表示(Browse)

No. Author Title Conference
1 Dipanwita Banerjee, Hisae Tateishi-Karimata, Tatsuya Ohyama, Marko Trajkovski, Maria Toplishek, Janez Plavec, Naoki Sugimoto Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (72): Prediction of RNA/DNA hybrid stability under a physiological condition and verification of advantage in CRISPR-Cas9 日本化学会第101春季年会, オンライン開催, 2021/3
2 Pallavi Chilka, Shuntaro Takahashi, Naoki Sugimoto Nucleic Acid Chemistry beyond Watson-Crick Double Helix (71): I-motif stability prediction under molecular crowding conditions 日本化学会第101春季年会 , オンライン開催, 2021/3
3 Saptarshi Ghosh, Shuntaro Takahashi, Naoki Sugimoto Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (70) : Prediction of DNA duplex stability having biased base composition under molecular crowding conditions 日本化学会第101春季年会, オンライン開催, 2021/3
4 大山 達也, 建石 寿枝, 田中 成典, 杉本 直己 ワトソン・クリックの核酸化学 (69):神経変性疾患に関連するRNA 四重鎖とジペプチドリピートの分子シミュレーションによる相互作用の解析 日本化学会第101春季年会, オンライン開催, 2021/3
5 松本 咲, 大山 達也, 杉本 直己 脱ワトソン・クリックの核酸化学 (68): 老化における細胞内環境変化によるCpGアイランドのグアニン四重らせん構造のトポロジー制御 日本化学会第101春季年会, オンライン開催, 2021/3

最新の学会発表・講演会(Recent Other works)

一覧を表示(Browse)

No. Author Title Event
1 杉本直己 遠藤玉樹、高橋俊太郎、建石寿枝 高校生向け実験講座 『FIBER リサーチカップ』 etc/高校生/2019年8月 ~ 2019年8月
2 杉本直己、遠藤玉樹、高橋俊太郎、建石寿枝 高校生向け実験講座 『FIBER リサーチカップ』 etc/高校生/2018年9月 ~ 2018年9月
3 杉本直己、遠藤玉樹、高橋俊太郎、建石寿枝 ひらめき☆ときめきサイエンス 分子の世界でナノ工作体験! ひらめき☆ときめきサイエンス/中学生/2018年8月 ~ 2018年8月
4 杉本直己、遠藤玉樹、建石寿枝、高橋俊太郎 高校生向け実験講座 『FIBER リサーチカップ』 etc/高校生/2017年8月 ~ 2017年8月
5 杉本直己、遠藤玉樹、高橋俊太郎、建石寿枝 同DNAから性質の異なるタンパク質を作ろう! ひらめき☆ときめきサイエンス/中学生/2017年7月 ~ 2017年7月