甲南大学

フロンティアサイエンス研究科 生命科学専攻

サイト内検索


資料請求 お問い合わせ 交通アクセス ホーム

  • top page
  • ご挨拶
  • 研究内容
  • 教員の紹介
  • カリキュラム
  • 研究・教育活動
  • 入学試験概要
  • FAQ

  • 甲南大学ホーム
  • フロンティアサイエンス学部 生命科学科
  • 先端生命工学研究所

教員の紹介

ナノバイオサイエンスグループ

生命分子の精巧な構造と優れた機能に倣うという理念のもと、生命現象を物理化学的側面から深く理解し分子レベルで解明していくとともに、その知見を医療、創薬、環境、情報などさまざまな分野へ応用することを目指している。例えば、核酸の高次構造と分子クラウディングなどの分子環境との相関について解明と応用を図ることで、ナノワイヤーやナノロジックゲートなど、将来のDNAコンピュータ開発に役立つ超微細材料の構築を行っている。さらに、生命を範とした高度な分子設計と有機合成を駆使し、ガン細胞検出、HIV治療、環境分析などに役立つ細胞内生理活性物質センサー、人工リボザイム、分子インプリント合成高分子などの創製に取り組んでいる。

ナノサイエンスグループ

ナノサイエンスグループでは、金属薄膜、有機分子、ナノ粒子、核酸、高分子およびそれらの複合体などの、の種々の新規ナノ構造材料の新しい合成手法の開発と高機能化に取り組んでいる。様々な有機化学反応を駆使して、環境・生体適合性を有する新しい機能性分子を設計・合成し、無機材料表面や生命分子の構造および物性を制御することを試みるとともに、金属・半導体粒子などのナノ材料と有機分子や生命分子を融合させ、複合化により発現する新しい物性を利用したデバイスの作製も行っている。これらの研究により、未来のエレクトロニクス、ケミカルサイエンス、バイオテクノロジーに有用な機能性材料の創製を目指している。

バイオサイエンスグループ

バイオサイエンスグループでは、生物個体における細胞機能の発現などに焦点を置き、幅広く研究を展開している。モデル生物としてホヤやゼブラフィッシュを用い、形態形成における調節メカニズムや神経管形成メカニズムを分子レベルで解明することを目指すほか、新規な機能性分子のスクリーニング系の開発を行う。またヒト培養細胞を用いて、フリーラジカル耐性など、ストレスに対する細胞応答機能のメカニズムに関する研究も行う。生体機能モデルに関しては、非天然型の新規な機能性生体高分子の開発を行うほか、金属酵素の活性中心を化合物で模倣するバイオミメティックケミストリーに関する研究を行う。また、アミロイド形成など疾病に関係する生体高分子間相互作用の解析も行い、生物の総合的理解を目指している。