甲南大学

フロンティアサイエンス研究科 生命科学専攻

サイト内検索


資料請求 お問い合わせ 交通アクセス ホーム

  • top page
  • ご挨拶
  • 研究内容
  • 教員の紹介
  • カリキュラム
  • 研究・教育活動
  • 入学試験概要
  • FAQ

  • 甲南大学ホーム
  • フロンティアサイエンス学部 生命科学科
  • 先端生命工学研究所

ご挨拶

入学定員 10名
専任教員数 15名
学問分野 化学、生物学、生命化学、生物工学、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、ナノバイオテクノロジー等
応用分野 医療、創薬、食品、化粧品、検査・分析、環境、バイオ、エレクトロニクス、ファインケミカル、新素材開発等
入試制度 修士課程入学試験、博士後期課程入学試験

社会が求める新しい領域「ナノバイオ」を“地の利”を活かして学ぶ

生命化学専攻は、社会的注目度が高く、将来にわたって学術的・産業的に重要なナノとバイオの融合領域「ナノバイオテクノロジー」および「生命化学」をターゲットに教育・研究を行います。隣接して設置される研究所(先端生命工学研究所(FIBER))ではすでに本分野で世界的に注目される多数の業績を挙げています。また、本専攻が設置されるポートアイランドは、バイオ、食品、化粧品、医療、創薬関連の企業が集積した世界有数のバイオクラスターとして知られており、本専攻やFIBERが築く公的研究機関や企業、他大学との連携を通じて、研究・教育を展開します。

活躍の舞台はWorld Wide

本専攻ではFIBERとの連携を活かして、研究者や技術者、産業界のリーダーとして活躍する即戦力の人材の育成を目指しています。そのために、化学や生物学といった基礎的な学問領域のみならず、実社会の産業と直結する医療、創薬、食品、化粧品、エレクトロニクス、材料開発等の周辺領域の知識や技術も身につけます。さらには、学会発表や学会開催の補助、FIBERが招聘する国際的に活躍する研究者との交流を通じて研究者・技術者に求められるプレゼンテーションや英語コミュニケーションの能力についても緻密な教育を行い、世界を舞台に活躍できる人材の養成を目指します。

研究対象は基礎から応用にわたって多種多様

研究分野はナノテクノロジー、材料工学、有機化学、錯体化学、高分子化学、生命化学、バイオテクノロジー、遺伝子薬学、発生学など、化学、生物学を中心とした基礎学問から応用学問領域にまたがる幅広い分野にわたっており、個人の興味・関心(研究分野)と指向性(基礎〜応用)にあわせたプログラムによりナノバイオを総合的に学ぶとともに、一人ひとりに与えられたテーマに基づいて専門性の高い研究を行うことができます。また、研究指導は一人の学生に対して指導担当となる教員の他に、専門が異なる複数の教員が共同で責任を持ち、柔軟で最適な指導体制を取りますので、深い専門性のみならず、幅広いバックグランドも同時に身につけることができます。

最新機器を駆使して最先端科学を学び、

研究成果は積極的に世界へ、社会へ発信

本専攻に所属する学生は、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、ナノバイオテクノロジーの最先端研究に取り組むことになります。本専攻やFIBERには最新の研究設備・機器が備えられ、それらを利用した高度な研究を行うことができると同時に、測定技術、実験技術など、将来に活かせる技術を実践的に学ぶことができます。その研究の中で得られた研究成果は国内外のジャーナルへの投稿や国内外の学会での発表などにより積極的に発信します。また、実用化が目指せる成果は特許化され、産学連携等を通じて実社会へ還元することも目指します。